スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

サヨナラ待月橋

11月の忙しい時期も終わり気が抜けたのか、風邪で寝込んでおりました。
というわけで1週間ぶりの更新です。

今年も多くの人が渡り、カメラマンの格好の被写体になっていたあの赤い橋「待月橋」が来年架け替えとなります。長年親しまれてきた待月橋に「ご苦労様でした」ということでイベントを開催します。
日時  12月23日
ところ 待月橋周辺

たんころりんと、少し光量をひかえた香嵐渓ライトアップ点灯!!たんころりんは町内各戸の協力を得て、巴橋から待月橋までの間を、両岸の道路に並べます。
==待月橋ありがとうコンサート==
午後4時より
ハンドベル演奏・津軽三味線・三州足助太鼓

先着300名様に 猪汁を無料でふるまいます。

皆さん遊びに来てね。
【2006/12/08 02:02】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

足助まつり

足助まつりの山車を見に来られる方に注意です。
本楽祭(8日)は午前中に宮入りすると、午後は夕刻まで全く山車は動きません。
しかも、夕刻にはほとんどの飾りを外して帰り車の準備となります。

http://www.asuke.aitai.ne.jp/~tamadaya/asuke/map.pdf
足助まつりを満喫するなら、
西町から宮入りが始まるAM10:20ぐらいからが見頃。
マニアな人は朝の町内をずっと山車に付いて回るのも良いけど。
AM12:00~
昼食をとった後、鉄砲の爆音と棒の手の演技を楽しむ。※注 お子さんは鉄砲の爆音に泣きだすこと必至です。
PM3:00~ 
御神輿の出発をみたら、香嵐渓でも行ってティータイム、夕刻に備えます。

PM5:30ごろ 
鉄砲隊が境内を追込みに向け、グルグル回りだします。追込みは山車前に鉄砲隊が並び、遠い集落から順番に送り出していきます。

PM6:20 
鉄砲隊が帰ると、いよいよ引き回しです。飾りを外し、はだか蝋燭と七張りの提灯だけを付けた山車が西町を先頭に境内を1周します。拝殿前で梵天投げがありますが、梵天の取り合いが激しいので女性やお子さんは近づかない方が無難です。
この辺でお祭りの盛り上がりはピーク!!!

PM7:30 
若い衆はトランス状態でやばい目つきになってます。
沢山の提灯を山車に飾って田町を先頭に各町に帰ります。国道から西町の細い路地に入った四台の山車はとっても綺麗ですので、ここが最後の見所となります。
【2006/10/04 13:11】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

足助祭り

10月7・8日に足助八幡宮のお祭りが開催されます。
全高7m近い山車が町内を運行されますので、是非おこしください。

運行時間の詳細は下記ualにリンクしてあるPDFファイルをご覧下さい。
http://www.asuke.aitai.ne.jp/~tamadaya/asuke/map.pdf
【2006/09/26 17:17】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

今秋のイベント

足助のまちじゅう博物館
9月9日(土)~10月1日(日)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/otakaraten/otakaraten.htm

香嵐渓 月見の会
観光協会のページも昨年の情報から更新されていませんなぁ。
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tukiminoen/tukiminoen.htm

足助祭り
10月7日(土)試楽 8日(日)本楽


【2006/09/07 11:04】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

たんころりん

今朝の中日新聞。
一面の写真は、たんころりんだった。たぶん東海3県ぐらいはこの紙面なのかな?
ほとんどお金をかけないイベントだけど、「少し世間に認められたなぁ」と実感

中日新聞 引用================
 愛知県豊田市の足助地区で5日、夏のイベント「たんころりん」が始まった。

 ユニークな名前の由来は、筒状の竹かごに和紙を張った高さ50センチほどのあんどん「たんころりん」。古い街道沿いの約1キロにわたり、商店の前などに約500基が並べられ、散策する人の足元を優しく照らす。暑さも和らぐ山間部の夕暮れ。ゆったりとした時が流れた。

 住民たちがボランティアで4年前から始め、今や足助の定番行事に。竹や和紙、火をともす油つぼも足助産にこだわり、あんどんもすべて住民の手作り。灯火つぼの形がひょうたんに似ていることから、地元では「ひょうたんころりん」の愛称でも親しまれる。

 15日まで。日没から午後9時半ごろまで灯がともる。

=========================
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060806/mng_____sya_____001.shtml

8月5日~15日の間、たんころりんが灯る町並みで、演奏会を行います。
スケジュール(各19:30~)
5日 江戸三味線(後藤久子)  深見邸
6日 新町お囃子 新町郷蔵
7日 虚無僧(天野典和)  町並み
8日 朗読(うめむらまり)  玉田屋
   ギター(小谷将弘) 玉すだれ 本町区民館
9日 新町お囃子 新町郷蔵
10日 オカリナ(住職) 慶安寺
11日 相撲甚句(山浦川舟)  道づれ家軒
12日 民謡(宗弦会)  深見邸
    フォークギター(足助のかじやさん) 玉田屋
13日 津軽三味線(松村典子・さつき) 六地蔵と町並み 
    龍笛・ハープ他(高橋アミ 小木曽綾) 豊岡屋 
14日 沖縄民謡        風外
    津軽三味線(松村典子・さつき) 町並み 

私のおすすめは13日!
○出演者
高橋アミ
 使用楽器:龍笛・コカリナ・うた など
 内容:雅楽から即興演奏まで
小木曽綾
 使用楽器:ハープ・プサルテリ・笛 など
 内容:ヨーロッパの民衆古楽

他には12日に足助のかじやさんが「たんころりんの町」という新曲も披露してくれます。
【2006/08/06 11:07】 | 足助のイベント | トラックバック(3) | コメント(4) | page top↑

足助の夏の風物詩 たんころりん作り体験

足助の夏の風物詩 たんころりん作り体験

○とき 7月23日(日)、29日(土)、30日(日)
    午後1時~5時
○ところ 足助トレーニングセンター(足助町)
○対象 市内在住・在勤の人
○定員 各先着15人程度
○内容 たんころりんの作成(持ち帰り可能。軍手を持参)
○参加費 1,300円
○申込み・問合せ 7月20日(木)から足助観光協会
         (TEL 0565-62-1272)

昨日からスタートしました。
初日は募集人員いっぱいの20名でした。

来週もすでに沢山の予約をいただいています。今晩から金曜までは地元向けに午後6時30分~10時ぐらいまで毎晩作業です。

う~ん、いそがしいなぁ。
【2006/07/24 17:15】 | 足助のイベント | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

ポスター撮り

ポスター用画像撮影の合間に、私のデジカメでとりました。
撮影場所は玉田屋前2004年に続き2回目のロケーション。
こんな雰囲気です。
tankoro0603.jpg

キャンドルナイトのポストカードや、今回のポスターのデザイン・コピーは私の担当ですので、毎年、智恵を絞って作っています。
【2006/06/06 11:37】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

キャンドルナイト 出演者

月17日に行われるイベント出演者の変更と詳細をお知らせします。
以下は18時より各会場で開催されます。
★西町
玉田屋旅館   相撲甚句 山浦川舟
塩の道づれ家  ケルティックハープ 澤田真弓 笛 小木曽綾

★新町
山下仏具店   怪談(合い杉) 梅村まり
         尺八 天野典和
天王寺     新町の祭囃子
深見邸      津軽三味線 松村典子 松村さつき

★本町
本町区民館   ポルトガルギター 西村輝彦 クラシックギター 大西友典

★田町
藤屋      オカリナ 荒木正道
         語り部 葵真弓
豊岡屋     三味線 宗絃会
         落語 三流亭酔太郎

皆さん楽しみましょう。
【2006/06/02 12:12】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

たんころりんのキャンドルナイト

昨日、たんころりんの集りがありました。
大方、今年の出演者が決まりそうです。

相撲甚句・バロックハープなどの古楽器ユニット・怪談話・尺八・津軽三味線・ポルトガルギターユニット・オカリナ・語り部・落語
などです。バランス良く演目を配分するのに少し苦労しました。
出演者の氏名等詳細は、また報告します。

6月17日(土) 午後6時~
会場は足助町並み周辺の民家などです。
http://m.tankororin.com/
【2006/05/27 11:26】 | 足助のイベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

たんころりんのキャンドルナイト

20060419091528.jpg


「100万人のキャンドルナイト」というイベントが夏至のころ全国的に行われます。
http://www.candle-night.org/

私たちも昨年からこのイベントに参加していて、たんころりんを町並みにかざります。
月曜日にこのイベントに向けての集まりが「たんころりんの会」で、ありました。印刷物やイベント会場の決定などいろいろ話し合ったのですが、なにしろユルイ感じの集まりなので、しっかり何も決まらなかった(汗
全くの任意団体で、各個人が出来る事だけやってるのに、それでも何とかなってっちゃうのが、この会の良いところなんです。

私たちが子供の頃感じた、賑わいや、人と人のつながりをもう一度感じたいと思い、こんなコピー考えてみました。

町の人々が希望に満ちていたあの頃。
夕暮れの町かどには、赤ん坊の泣き声や子供の遊ぶ元気な姿、ご近所さんと語らう人々。八百屋で買い物するお母さんたちも賑やかだった。今より少し、時間がゆっくり流れていたのを思い出す。
あの頃より便利な世の中にはなったけど、私たちは何か大切なものを忘れてきたのかな・・・

もう一度、あの頃の懐かしいにおいを感じてみたいな。


電気をけして、スローな夜を。
ゆたかな暗さ、たんころで。

日時 6月17日午後6時~ 
場所 足助の古い町並み界隈
足助の町並みにたんころりんを並べる他、何軒かのお宅で、三味線や語り部、ギターなどの演奏があります。

メンバーのKeyさんが、たんころりんのサイトを作ってくれました。
たんころりんNews!
http://m.tankororin.com/
こちらで最新ニュースが見られるようになります。
【2006/04/19 09:40】 | 足助のイベント | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。